日本看護協会「看護実践国際分類研究プロジェクト」編
[ICNP®Japanオープンサイト]
ICNP妥当性評価支援システム

当ページの操作マニュアルはこちら(PDF,550Kbyte)
条件を満たす用語数:2511件(172件中)
検索語:
(←「用語」から部分一致するものを抽出します)
(←定義を含めた全文から文字列が部分一致するものを抽出します)
フィードバック用画面表示


管理者用パスワード




看護現象
1:看護現象(カンゴゲンショウ):Nursing Phenomenon
看護現象とは、健康状態に影響を及ぼす要因の一つで、次のような固有の特徴をもつ:健康の諸側面のうち看護実践に関連するもの。■Nursing Phenomenon is a type of factor influencing Health Status with the specific characteristics: Aspect of health of relevance to nursing practice. (1999)




(現象A軸・看護実践の焦点)看護現象>看護実践の焦点
1A:看護実践の焦点(カンゴジッセンノショウテン):Focus of Nursing Practice
社会的な要請や専門的看護実践の概念的、職業的な枠組みによって表現される関心領域。■The area of attention as described by the social mandates and professional and conceptual frameworks of professional nursing practice. Examples include: pain, self-esteem, poverty.




(現象A軸・看護実践の焦点)看護現象>看護実践の焦点>人間性
1A.1:人間性(ニンゲンセイ):Human Being
「人間性」とは、「看護現象」の一つで、次のような固有の特徴をもつ:看護の範囲で取り扱う人間の特質。■Human Being is a type of Nursing Phenomenon with the specific characteristics: Quality of humankind within the scope of nursing. (1999)




(現象A軸・看護実践の焦点)看護現象>看護実践の焦点>人間性>個人
1A.1.1:個人(コジン):Individual
「個人」とは、「人間性」の一つで、次のような固有の特徴をもつ:一人の人間に内在する特徴的な特質。他の人間と区別される、あるいはグループ内の他の人間と区別される。■Individual is a type of Human Being with the specific characteristics: Qualities internal and characteristic to one human being as distinct from a group of human beings. (1999)




(現象A軸・看護実践の焦点)看護現象>看護実践の焦点>人間性>個人>生命維持機能
1A.1.1.1:生命維持機能(セイメイイジキノウ):Function
「生命維持機能」とは、「個人」の一つで、次のような固有の特徴をもつ:体内作用および不随意的な働きで、生命の維持と促進に関連する。■Function is a type of Nursing Phenomenon of Individual with the specific characteristics: Body process and non-intentional operation related to maintaining and enhancing life optimally. (1999)




(現象A軸・看護実践の焦点)看護現象>看護実践の焦点>人間性>個人>生命維持機能>呼吸
1A.1.1.1.1:呼吸(コキュウ):Respiration
「呼吸」とは、「生命維持機能」の一つで、次のような固有の特徴をもつ:肺での酸素と二酸化炭素の分子交換から、細胞への酸素供給に至るまでの一連のプロセス。脳の呼吸中枢および気管・大動脈の呼吸受容体によって調節される。また、拡散作用によっても調節される。■Respiration is a type of Function with the specific characteristics: Continuous process of molecular exchange of oxygen and carbon dioxide from lungs to cellular oxidation regulated by brain centre for respiration, bronchial and aorta receptors as well as a mechanism for diffusion. (1999)




(現象A軸・看護実践の焦点)看護現象>看護実践の焦点>人間性>個人>生命維持機能>呼吸>換気
1A.1.1.1.1.1:換気(カンキ):Ventilation
「換気」とは、「呼吸」の一つで、次のような固有の特徴をもつ:一定の回数、リズム、吸気深度、呼気強度での、肺への空気の出入り。■Ventilation is a type of Respiration with the specific characteristics: Moving air into and out of the lungs with a certain respiratory rate and rhythm, depth of inspiration and strength of expiration. (1999)



(現象A軸・看護実践の焦点)看護現象>看護実践の焦点>人間性>個人>生命維持機能>呼吸>換気>過換気
1A.1.1.1.1.1.1:過換気(カカンキ):Hyperventilation
「過換気」とは、「換気」の一つで、次のような固有の特徴をもつ:呼吸回数の増加、吸気深度ならびに呼気強度の増大、換気量の増大により、低二酸化炭素血症と呼吸性アルカローシスを生じ、めまいや失神、手指・足趾のしびれ感を伴う。■Hyperventilation is a type of Ventilation with the specific characteristics: Increased frequency of breathing rate, increased depth of inspiration and strength of expiration, increased tidal volume with hypocapnia and respiratory alkalosis accompanied by dizziness, faintness, numbness of fingers and toes. (1999)



(現象A軸・看護実践の焦点)看護現象>看護実践の焦点>人間性>個人>生命維持機能>呼吸>換気>低換気
1A.1.1.1.1.1.2:低換気(テイカンキ):Hypoventilation
「低換気」とは、「換気」の一つで、次のような固有の特徴をもつ:呼吸回数の減少、呼吸深度・強度の減少により、チアノーゼや二酸化炭素の増大と血圧上昇を生じる。■Hypoventilation is a type of Ventilation with the specific characteristics: Decreased breathing rate, decreased depth of inspiration and strength of expiration accompanied by cyanosis, increased partial pressure of carbon dioxide (pCO2). (1999)




(現象A軸・看護実践の焦点)看護現象>看護実践の焦点>人間性>個人>生命維持機能>呼吸>呼吸困難
1A.1.1.1.1.2:呼吸困難(コキュウコンナン):Dyspnea
「呼吸困難」とは、「呼吸」の一つで、次のような固有の特徴をもつ:血中の酸素不足に関連した肺に空気を出入りさせるための労作。不快感や努力増大、息切れならびに鼻翼呼吸、吸気深度の変化、異常な呼吸音、喘鳴、水泡音、ラ音、叩打時共鳴音、呼吸補助筋の動き、陥没呼吸、口すぼめ呼吸、振とう音と不快感を伴う。■Dyspnea is a type of Respiration with the specific characteristics: Laboured movement of air in and out of lungs with discomfort and increased effort, shortness of breath, associated with insufficient oxygen in the circulating blood, pursed nasal flaring, changes in respiratory depth, adventious breath sounds, wheezing, rails, rhonchi, percussed resonance sounds, use of accessory muscles, chest retraction, lip breathing, fremitus and feelings of discomfort. (1999)



(現象A軸・看護実践の焦点)看護現象>看護実践の焦点>人間性>個人>生命維持機能>呼吸>呼吸困難>機能的呼吸困難
1A.1.1.1.1.2.1:機能的呼吸困難(キノウテキコキュウコンナン):Functional Dyspnea
「機能的呼吸困難」とは、「呼吸困難」の一つで、次のような固有の特徴をもつ:運動や歩行などの身体活動に伴う息切れ。■Functional Dyspnea is a type of Dyspnea with the specific characteristics: Shortness of breath associated with physical activity such as exercising and walking. (1999)




(現象A軸・看護実践の焦点)看護現象>看護実践の焦点>人間性>個人>生命維持機能>呼吸>呼吸困難>安静時呼吸困難
1A.1.1.1.1.2.2:安静時呼吸困難(アンセイジコキュウコンナン):Rest Dyspnea
「安静時呼吸困難」とは、「呼吸困難」の一つで、次のような固有の特徴をもつ:安楽な姿勢で安静にしている際に生じる息切れ。■Rest Dyspnea is a type of Dyspnea with the specific characteristics: Shortness of breath while at rest and in comforting positions. (1999)



(現象A軸・看護実践の焦点)看護現象>看護実践の焦点>人間性>個人>生命維持機能>呼吸>呼吸困難>安静時呼吸困難>起座呼吸
1A.1.1.1.1.2.2.1:起座呼吸(キザコキュウ):Orthopnea
「起座呼吸」とは、「呼吸困難」の一つで、次のような固有の特徴をもつ:仰臥あるいは横臥すると生じる息切れのことで、それにより、起座をとる。■Orthopnea is a type of Rest Dyspnea with the specific characteristics: Shortness of breath in a supine or recumbent position. (1999)




(現象A軸・看護実践の焦点)看護現象>看護実践の焦点>人間性>個人>生命維持機能>呼吸>ガス交換
1A.1.1.1.1.3:ガス交換(ガスコウカン):Gas Exchange
「ガス交換」とは、「呼吸」の一つで、次のような固有の特徴をもつ:肺胞における酸素と二酸化炭素の交換のことで、換気灌流のバランスが呼吸や皮膚の色、活力に影響する。■Gas Exchange is a type of Respiration with the specific characteristics: Alveolar exchange of oxygen and carbon dioxide, balance in ventilatory perfusion associated with effect on breathing, skin colour and energy level. (1999)



(現象A軸・看護実践の焦点)看護現象>看護実践の焦点>人間性>個人>生命維持機能>呼吸>ガス交換>低酸素
1A.1.1.1.1.3.1:低酸素(テイサンソ):Hypoxia
「低酸素」とは、「ガス交換」の一つで、次のような固有の特徴をもつ:細胞内酸素分圧の低下のことで、チアノーゼおよび瀕脈、末梢血管れん縮、呼吸音減弱、めまい、精神的混乱などを伴う。■Hypoxia is a type of Gas Exchange with the specific characteristics: Reduced tension of cellular oxygen associated with cyanosis, tachycardia, peripheral vasoconstriction, decreased breathe sounds, dizziness and mental confusion. (1999)




(現象A軸・看護実践の焦点)看護現象>看護実践の焦点>人間性>個人>生命維持機能>呼吸>気道浄化
1A.1.1.1.1.4:気道浄化(キドウジョウカ):Airway Clearance
「気道浄化」とは、「呼吸」の一つで、次のような固有の特徴をもつ:口、気管、気管支、肺の経路の開存性を保ち空気が流れるようにする過程のことで、気道から分泌物や閉塞物を取り除き、気道の開通性を保つ能力。■Airway Clearance is a type of Respiration with the specific characteristics: Process of keeping tubular passage from mouth, trachea and bronchi to lungs open to flow of air, ability to clear secretions or obstructions from the respiratory tract to maintain airway patency. (1999)



(現象A軸・看護実践の焦点)看護現象>看護実践の焦点>人間性>個人>生命維持機能>呼吸>気道浄化>痰喀出
1A.1.1.1.1.4.1:痰喀出(タンカクシュツ):Expectoration
「痰喀出」とは、「気道浄化」の一つで、次のような固有の特徴をもつ:粘液、痰、液体を、気管または気管支、肺から、咳嗽により、唾液とともに排出すること。■Expectoration is a type of Airway Clearance with the specific characteristics: Expulsion of mucus, sputum or fluids from trachea, bronchi and lungs by coughing or spitting. (1999)



(現象A軸・看護実践の焦点)看護現象>看護実践の焦点>人間性>個人>生命維持機能>呼吸>気道浄化>咳嗽
1A.1.1.1.1.4.2:咳嗽(ガイソウ):Cough
「咳嗽」とは、「気道浄化」の一つで、次のような固有の特徴をもつ:深吸気と声門の閉鎖に引き続き、肺から勢いよく空気を排出し、気道の異物を排泄しようとする保護的な反射のことで、気道の刺激と関連する。■Cough is a type of Airway Clearance with the specific characteristics: Sudden expulsion of air from lungs after deep inspiration and closure of the glottis, protective reflex to clear airway associated with irritation of airway. (1999)



(現象A軸・看護実践の焦点)看護現象>看護実践の焦点>人間性>個人>生命維持機能>呼吸>気道浄化>窒息
1A.1.1.1.1.4.3:窒息(チッソク):Suffocation
「窒息」とは、「気道浄化」の一つで、次のような固有の特徴をもつ:空気が肺に入ることを妨げることで、呼吸の停止と仮死となる。■Suffocation is a type of Airway Clearance with the specific characteristics: Interference with entering of air into lungs, ceasing of respiration and asphyxia. (1999)



(現象A軸・看護実践の焦点)看護現象>看護実践の焦点>人間性>個人>生命維持機能>呼吸>気道浄化>誤嚥
1A.1.1.1.1.4.4:誤嚥(ゴエン):Aspiration
「誤嚥」とは、「気道浄化」の一つで、次のような固有の特徴をもつ:体外の物質または胃内容物を下部気道に吸い込むこと。■Aspiration is a type of Airway Clearance with the specific characteristics: Inhaling of external substances or substance from stomach into lower airway. (1999)


厚生科学研究補助金による21世紀型医療開拓推進研究事業
『わが国における看護共通言語体系構築に関する研究』
日本看護協会「看護実践国際分類研究プロジェクト」